大家によって違う原状回復の程度問題

賃貸住宅で特に問題が起こりやすく、誰にでもあてはまる事柄に原状回復があります。
つまり元のように綺麗にして退去しましょう、という約束事のようなものですがさすがに何年も住んでいると元通りとはいきません。
住んでいるだけで壁や床が日焼けしたり、経年劣化で色合いが変わったりします。
特段借主に落ち度があった訳では無いので、通常ならばこれは原状回復はクリアしているでしょう。
しかし契約というものは個々人で違っていますし、新築のように清掃するための費用まで背負ってしまう事もあります。
つまりこの大家にとっては、そのレベルまでが原状回復という訳です。
まず気を付けるべきは最初の最初、契約をする時点にあります。
契約内容は色々と複雑なものですが、まだ先の事だからと解約時の条件など見逃してはいけません。
ただでさえ普通の生活の範囲内のキズでも、厳しく扱う大家もいます。
大家の性格まで見極めるのは難しいですが、あらかじめ退去時の事について十分確認しておくのも無駄では無いでしょう。