賃貸に住む時は「経年劣化」や「通常損耗」について知っておきましょう

賃貸の退去時にトラブルになりやすいのが原状回復の問題で、思わぬ金額の原状回復費が請求されてしまうケースもあります。そこで知っておきたいのが、原状回復の対象に含まれない「経年劣化」や「通常損耗」と呼ばれるものです。経年劣化とは、建物やその設備が時間とともに劣化することを指し、例えば日光が差し込むことによるフローリングの色褪せなどがそれに相当します。そして通常損耗とは、普通に生活する上で生じる小さな傷や汚れを指し、数か所程度の画鋲の跡などがそれに当たると言えるでしょう。これらの経年劣化や通常損耗は、基本的に入居者に原状回復の義務がないため、その修復費用は支払う必要がないのです。ですが劣化や損耗を入居者が放置した結果、二次的な被害が出た場合は修復費用を請求されることがあるため注意しましょう。また、何が原状回復の対象になるのかという線引きをするのは難しい場合も多いため、賃貸の契約時にその点を確認し、貸主と入居者の認識を共有しておくことも重要です。貸倉庫や店舗なども同様です。