自宅の建て替えで失敗したと思ったこと

私が自宅の建て替えをした時に失敗したと思ったのは自宅の建て替えの際に自分でどういう家を建てるかをしっかり考えなかったというのがありました。

そのせいでせっかく新しく自宅を建て替えたにもかかわらず思っていたのとは全然違った家が建ってしまいました。

なので自宅を建て替える時もしっかりどういう家にしないかもしっかり考えて建てないといけないと思いました。

ではどうして私がそういうミスをしてしまったかというと以前は家を建てた時は注文住宅を建てたので特に自分でどういう家にしたいかを考える必要がなかったというのがあります。

そのせいで自宅の建て替えで新しく注文住宅にして自分の考えを取り入れた家を建てようと思ったまでは良かったのですがそのせいで自分が最低限こだわった箇所だけ伝えて他は業者にほぼ丸投げ状態にしてしまったというのがありました。

その内容は、元々大阪で倉庫も借りておりましたので、次の自宅には既に倉庫が付いている設計にしました。一番のこだわりでしたがその倉庫の色やデザイン等がイメージしたものと全然違うものになってしまいました。

そこを建売住宅のノリでやってしまったのが失敗でした。なので自宅の建て替えの際に注文住宅にするならきっちり細部まで指示して建ててもらう必要があるとその時思いました。