フローリングに絨毯を敷かないほうが悪い!と言われた原状回復体験談

フローリングの賃貸ワンルームアパートに引っ越して七年間ほど暮らすうちに、だんだんとフローリングが痛んできて、ついには部分的に表面が剥がれてきました。それから一年ほどして引越すことになり、状況説明の時に床がだんだん傷んできて……と事情を大家に伝えた所、大家は壊れたフローリングの一部分を見て激怒して「フローリングの物件は絨毯を敷いて使うのが当たり前だろう!弁償しろ!原状回復だ!」と怒鳴り散らしはじめました。結局、部分的に張り替えることになりその費用もウヤムヤのままにされて、その後は音沙汰なし、10万円返ってくるはずだった敷金は1円も返ってきませんでした。フローリングに絨毯を敷くのが常識かどうかは知りませんが、少なくとも、それなら引っ越しの時に最初に伝えておくべきだと思いましたし、たった七年ほどでだんだん剥がれてくるフローリングというのも、一体どんな安物を使っていたのか未だに不思議でなりません。今では住んでいる家の他にも、借りている貸倉庫の事務所内にも絨毯を敷いてなるべく痛まないように使用しております。